心を悩ますあなたへ…

アロマディフューザー

ずいぶんお久しぶりになってしまいました…。
明日から新学期が始まりますね。わたしも夏休みは終わりです。
毎年成長する息子との大切な期間
たくさん甘えてたくさん遊んで色々なことをする中でたくさん
おしゃべりもします。
毎年夏休みはとっても有意義なものでとても大切な時間です。

そんな新学期が始まる頃は心を悩まし、学校へ行けない子供達にとって
とてもつらい時だと言うことも耳にします。
学校になんていかなくてもいい、あなたの命がとても大切だから。
そんな事は当たり前なこと、でも学校に行けない、不安、そんな気持ちを
改善したい、そんな時に
アロマが働く専門的な知識として書いておこうと思います。
是非、小さな体で小さな心を悩ましている子供達、親御様へ届いてほしいです

アロマとは芳香植物からとれる芳香分子の集合体で天然の植物の香りです。
もちろん成分分析表があるとか、学名表記をしてあるとか
アロマの精油を選ぶことも大切ですが、今日は心のケアに良い精油をいくつか
ご紹介します。

心のケアといっても大人、子供、その程度によって使う精油は異なりますが
子供や赤ちゃんのケアによく使うものが
マンダリンという精油です。
マンダリンの作用としてエステル類のアントラニル酸ジメチルには強い抗不安作用が
あるとされています。
怖い夢を見るとき、突然の夜泣き、強い不安があるときなどに使用でき柑橘系の香りが
とても心地よい香りです。禁忌や注意事項もないので使いやすい精油です。
同じアントラニル酸ジメチルの作用がある精油で
プチグレンという精油がありますが
少しビターな香りなので小さなお子様は好まないかもしれませんが
大人や高校生くらいでしたらプチグレン
もおすすめです。

ネロリ 抗不安作用のあるリナロールやゲラニオール、神経バランス回復作用のある精油
プチグレンはみかんの葉っぱなのですがネロリもこの、みかんの木のお花なんです。
どちらも不安な心、鬱っぽい心に寄り添ってくれます。

他にもホーウッドラベンダーアングスティフォリアマジョラムカモマイルローマン
がおすすめの精油です。

心が不安、つらい、しんどい時に是非香りを試してみてください。
香りが心に寄り添ってくれます。
背中に植物油で希釈したブレンドオイルとしてそっと塗ってあげても効果的です。
人と人が触れ合うことで幸せホルモンのオキシトシンが出るとも言われていて
ホッとする気持ちになれます。
私は子供がイヤイヤ期の時に使っていました。お互い穏やかな気持ちで乗り越えられましたよ

ママが子供に手を当てる、それがお手当
ママの手は時に魔法の手になります。
小さな頃、おなかが痛くなったり、けがをしたり、そんなときはいつも母の手が
あるだけでとっても調子が良くなることを私も覚えています。
大丈夫、大丈夫の温かい言葉、そして温かいお手当にそっと香りが後押ししてくれます♡
もちろん家族でなくても大切な方に魔法のお手当してみてください。

fairyroomでは学校が不安みたいで…、おなかが痛くなって帰ってきてしまう
なんて相談もたくさん受けます。
アロマオイルやアロマスプレーの香りで改善した子供達もたくさんいます。

子供でも大人でも、心が少し疲れてしまっている、不安でいっぱいな方
是非お気軽にご相談ください。
お教室に来られなくてもアドバイスや寄り添うことができると思いますので
お問い合わせくださいね。

焦らず、ゆっくり
心のケアに寄り添います。

Follow me!